メールマガジンにて投資情報配信中! 日本一のメールマガジン配信スタンドの「まぐまぐ」にて約27000部と大人気の殿堂入りメルマガです。

メルマガ登録・解除 ID: 0000165001
1日3分!ラクラク余裕の投資術で副収入を得る方法!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2010年10月13日

円高で株も下がっていますが・・・

円高で日本株も全体的に大幅に下がっていますね。

株を買っていた方は、含み損になっている方も多いのではないでしょうか?

長期投資をやっているなら、こういうときこそ淡々と株を買ってじっくり待つことです。

当面、市場は戻らないかもしれません。

しかし、このまま日本が潰れることはないでしょう。仮に日本が潰れたとしても日本の企業まで潰れることはないでしょう。

なので、こういうときこそ本当に信じることのできる企業や投資信託に投資をして、活動を応援してあげることが大切です。

不景気で株が下がっているときこそ、力強い投資活動をするのが長期投資家の行動です。

投資資金がなくても、毎月少しずつでも積み立ての投資にまわすことは可能でしょう。それが長期投資の醍醐味なのです。
posted by 投資信託の活用法 at 13:57| Comment(1) | TrackBack(2) | 投資信託

2010年02月02日

良い投資信託のノウハウってないですよね?

先日、インデックスファンドの投資信託に投資をしている人に会いました

それなりにパフォーマンスをあげているようで感心です。

私もマネーセンスで投資信託の運用方法を学んで非常に感動したのですが・・・

マネーセンス以外でまともに投資信託で運用ができている人がいて感心しました。

マネックス証券の内藤さんや勝間和代さんの「銀行にお金を預けるな!」などで投資信託のことは知識は多少は広がっていると思います。

でも、まだまだ十分なノウハウをもって投資を実践している人は少ない。少なくとも、勝間さんの言うと通りに投資をしたら損をした!

とか言い出す人は出てこないはず。ちゃんと理解していればね。

1年、2年やって、ちょっと暴落相場に当たったくらいでビービー言わないでほしいですね。何も長期投資のことを分かっていません。

投資信託を使った投資法のちゃんとしたノウハウが登場しても良いのではないかと思っています。時間をみて私が作ってしまおうか。
posted by 投資信託の活用法 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(4) | 投資信託

2008年08月27日

投資信託活用状況

久しぶりの更新になりますが、現在の投資信託の活用状況をお伝えしていきたいと思います。

私は現在さわかみファンドとマネックス証券のトヨタアセット・バンガード 海外株式ファンドに毎月定期的に投資をしています。

自動引き落としなので、忘れることがなくて便利です。

投資信託を毎月積み立てていくドルコスト平均と言われる方法は、もっとも手堅く利益を積み重ねていける投資法ではと思います。

地味なのであまりやる人はいませんんが、資産運用という観点から見れば下手にFXや株の個別銘柄での運用をやって、サブプライムローン問題絡みの暴落などで一気にやられてしまった人。

決して少なくはないと思います。

投資信託に毎月少しずつ投資をしていけば、少なくともそういった暴落が起こった際に相場から退場する必要はありません。

何割か資産が目減りすることはありますが、相場には残ることができます。むしろ、割安になった商品を買い続けることで平均買取単価を下げることができるのです。

さらにリバランスと組み合わせることで、投資効率を上げることが可能です。

リバランスについては、まだ私は十分に行えてないので今後の課題になると思っています。

もっと商品ファンドや為替にも分散していったほうが良いのは分かっていますが、株式投信をすべて自動引き落としにしてしまっているため調整が難しいと感じています。

いっそのこと、全部自動引き落としにできるようにポートフォリオを組みなおしてしまおうかと考案中です。

ちょっと現状のシステムでは難しそうなので、ある程度は手動での取引も行ってはいきます。
posted by 投資信託の活用法 at 11:31| Comment(1) | TrackBack(1) | 投資信託

2008年06月06日

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

バンガード社はアメリカにある世界最大級の資産運用会社です。インデックスファンドの運用には定評があり、投資信託業界で世界第2位の運用資産残高、インデックスファンドのシェアは全米NO1です。

そんなバンガード社の投資信託を日本で買うことができます。

1つはセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

これは世界30カ国以上以上の株式と10カ国以上の債権に分散投資をします。

さらに、販売手数料はゼロのノーロードファンドで信託報酬も0.77%で業界最低水準。非常にコストパフォーマンスに優れたファンドといえます。

バンガード社が運営する複数のファンドに投資をするファンド・オブ・ファンズ形式をとっているのがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。

個人で、これだけの数のファンドに投資をしようとすると毎月かなりの金額を必要とします。

しかし、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドであれば月5000円から投資ができるので非常に敷居が低いというメリットがあります。

分散投資をしたいのであれば、このファンド1本に毎月投資するだけでも効果的かと思います。

投資比率が株式が半分、債権が半分というポートフォリオなので個人的にはもう少し株式の比重を高めてもいいかなという気がします。

その場合は、次に紹介するセゾン資産形成の達人ファンドにするか、もしくは複数のファンドを併用して買っていくのが良いと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの詳細・資料請求等はこちらからどうぞ。
posted by 投資信託の活用法 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年06月04日

セゾン投信の投資信託

セゾン投信は最近見つけた良さそうな良さそうな投資信託の会社です。何が良さそうなのかというと、長期投資に必要な商品が用意されてるってことです。

興味を持ったので、早速セゾン投信に資料請求をしてみました。
だいたい1週間とたたずに来たでしょうか?

セゾン投信の良さそうだと思った点は次のこと

・月5000円からの積み立て投資ができる

⇒たいていのファンドは月1万円からの積み立てです。
でも、セゾン投信は月5000円からなので手軽に始めることができるファンドだと思います。

・手数料、信託報酬が安い

⇒長期投資向けの投資信託は手数料、信託報酬の違いでかなり長期的な運用パフォーマンスが違ってきます。

セゾン投信の投資信託は手数料はノーロード(無料)だし、信託法主も国内最低水準。手数料から見たコストパフォーマンスは絶大です。

・本格的な分散投資ができる

⇒投資信託で大切なのは十分に分散したポートフォリオを持つことでしょう。ここが大切なのですが、セゾン投信のファンドはいずれも最初から分散したポートフォリオが組み込まれた「ファンド・オブ・ファンズ」の投資信託です。

つまり、セゾン投信の商品を買っていればあらかじめ分散投資をすることができるのです。

セゾン投信で扱っている投資信託の種類は今のところ2つ。
でも、かなり面白い投資信託です。

1つはセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド。もう1つがセゾン資産形成の達人ファンド。

この2つの投資信託がセゾン投信の主力商品のようです。

かなり今後も有力な投資信託だと思いますので1度資料請求だけでもしてみてくださいね。
posted by 投資信託の活用法 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 投資信託

2008年03月31日

節約で投資資金を作る

投資信託のメリット。
それは、投資資金が今まったくなくても、ほとんど誰でも投資をはじめることができる。ということです。

普通の会社員でも、主婦でも、自営業者でも・・・
学生でも大丈夫だと思います。学生のときから投資をしていれば本当に億の資産を築くこともできると思います。

毎月1万円でもいいので、若いときからコツコツ投資をしていけばいいのです。

昔は銀行の利息が高かったので、銀行に貯金をしているだけでどーんと財産が増えました。

今は銀行の金利はほとんどゼロなので、銀行にお金を預けているだけでは増えません。

時代は変わったのです。



そうは言っても、毎月1万円の投資資金を用意することもできない。。。

という方は節約を検討してみるといいでしょう。



あなたが毎日生活している中で無駄に使っているお金が必ずあるはずです。

ペットボトルや缶ジュースを買う代わりに家から水筒を持っていく。など細かいことの積み重ねでお金はたまります。

仮に150円のペットボトルを毎月30本節約分節約することができたら、4500円の節約です。



飲み会に行ったら1回3000円〜5000円はかかってしまいますよね。

飲むのが好きな人は交際費に結構なお金をかけていると思います。その付き合いが本当に必要なのか?

と考えて1回でも2回でも飲み会へ行く回数を減らしたら、それだけで投資に使う資金を捻出することができます。

節約の鬼になって切り詰めた生活をする必要もありませんが、お金を使おうと思ったら、本当にそのお金を使う必要はあるのだろうか?

と考えてみるのは良いと思います。



もちろん、あなたにとって必要なお金であれば遠慮なく使って構わないと思います。

自己投資のためにお金を使うのはまったく問題ない。
むしろ将来のリターンを考えたら投資よりも自己投資にお金を使うのは良いことだと思います。

しかし、あまり意味のない無駄使いにお金を使うのはくれぐれも避けるべきです。本当に基本的なことなんですが、意外と無駄遣いはしているものなんです。
posted by 投資信託の活用法 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(2) | 投資信託

2008年03月19日

なんと1ドル95円・・・

先日は1ドル95円台を迎えましたね。
今はだいぶ値を戻して99円台になっているようですが、あっさり1
ドル100円の大台を割ってしまいました。

アメリカはさらに利下げをしていく方針のようですし実質的にゼロ金利状態になる可能性もありそうです。

スワップ派でドルを買っている人にはあまり嬉しくないニュースなのではと思います。

FXでスワップ派の人にとっては短期的にはアメリカ以外の通貨ペアを購入した方がいいかもしれません。

しかし、投資信託で外貨としてドルを買っている人は依然としてドルはポートフォリオの中に入れておくべきだと私は思います。

ドルはまだまだ世界の基軸通貨です。ユーロの力は今後強くなるでしょうからユーロも持つべきだとは思いますが、今はまだドルが強い。

だからドルは持ち続けるべきです。
逆に為替変動によりキャピタルゲインを得るには今がチャンスであるともいえます。

トレンドとしては円高に短期的には入った気がしますが、反転を狙った逆張りなどもできますので短期売買をやっている人にとってはおいしい局面で腕の見せ所です。

投資信託を活用する長期投資家は淡々と買っていけばいいのです。
私も外貨MMFを少し買い増ししたいと思います。

もっとも毎月買っているのですけどね^^;
posted by 投資信託の活用法 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年03月11日

長期投資家は買い続ければいい

為替が1ドル101円台になりましたね。
100円を切ったら一気に下落に向かいそうな気がします。

FXをやっている方は忘れずにストップロスをかけておくことをおすすめします。

さて、投資信託を使っての長期投資家はどう動けばいいか?
前回の記事でも書きましたが少し細くしたいと思います。

前回の記事
下落していく相場でどう対処するべきか?

トレーディングをしているならば、短期的なトレンドをチャートなどで読みつつ適したタイミングで売買をしていくべきでしょう。

今回のような下落している場面では、今が上昇トレンドの中で調整をしているのか?

はたまた下降トレンドなのか?あるいはトレンドがないのか?
というトレンドについて考えていく必要があります。

安くなったから買おう。というだけでは破綻する可能性が高いのです。だから逆張りの短期売買というのはなかなか難しい。

しかし、長期投資の場合は簡単です。
このような下落局面ではとにかく余裕資金でこつこつ買っていけばいいのです。

短期売買の場合は資金を回転させてどんどん利益を得ていく必要があります。特にデイトレードで1日中相場を見ている場合は自分の時給を考えると相当のパフォーマンスを出さないと結果的に効率が悪いことになります。

一方で長期投資はほとんど自分の時間を使わないで自動的に機械的に投資をするので、それほどパフォーマンスを出す必要もなく(といってもトータルで年利10%前後は狙えると思いますが)5年、10年以上のスパンを見て一定以上の成果を出せればOKなのです。

個人投資家の場合は特に、機関投資家のように厳しい制約もないので自由に取引をすることができます。

相場がどうなろうと、毎月こつこつ買っていく。そして年に1、2回リバランスを行っていく。これだけで十分なのです。
posted by 投資信託の活用法 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(5) | 投資信託

2008年03月10日

下落していく相場でどう対処するべきか?

ドルは102円になり、1ドル100円を下まわるのではないか?
という意見も出てきているこのごろ、いかがお過ごしでしょうか?

確定申告の締め切りも迫って苦労している方もいらっしゃるかもしれません。はい、私です^^;

さて、投資信託と相場の話になりますが
この円高ドル安が進むなか、FXでレバレッジを高くしている方などはかなり大変なんだろうと思います。

では、長期投資を視野に入れた投資信託を運用している立場から考えるとどうなるのか?というと、そんなに気にするところではないのではと思います。

長期投資家は大きくどっしり構えていればいいのです。
レバレッジを高くして資産価値が下がったら破産をするようなポートフォリオを組んでいる訳ではないはずです。

しっかりアセットアロケーションを組んで分散投資を行っているはずです。また、アセットアロケーションを組んで分散投資を行っていくのが本当に長期投資家であり正しい投資信託の利用方法だと思います。

実際、私もこれだけ下落していても商品ファンドや個別株の一部は値上がりしているのでポートフォリオ全体としてはそこまで大きな損失は出ていません(若干マイナスではありますが)。

今後、ますます円高ドル安は進行して前にも書いたかと思いますが1ドル80円台になることもあるのではと思います。

そうなったとき、FXで低レバレッジで運用している人でも果たして耐えられるのか?そう考えると投資信託による長期運用をしていくことは、たしかに大きなリターンは狙えないかもしれませんが非常に手堅く着実に資産形成をしていく手段の1つになるのではと思います。
posted by 投資信託の活用法 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年03月02日

円高と投資信託

円高の流れがここ数日続いています。
FX・外国為替証拠金取引を高いレバレッジでやっている人は痛い目にあった方も多いと思います。

早めの損切り・ロスカットを行うかレバレッジを低くするか。トレードをしているならどちらかを必ずするべきです。

株式投資の場合は信用取引をしなければ、1日で強制ロスカットになるようなことはありません。同様に投資信託も株式投資以上に円高の局面で受ける影響は小さくなります。

アセットアロケーションをしっかり組んで、分散投資をしているならなおさらです。

しかし、極端な円高・円安などの局面ではやはり投資信託の分散投資をしていても影響を受ける場合があります。

そこで、ドルコスト平均法として追加投資を行うこと。また、割合が高くなっているアセットを売って安いアセットを買うというリバランスを行うこと。

これが、投資信託で長期的に利益を出していく基本だと思っています。

こういった円高局面や株安の局面で買っていけることはスイングトレードなど短期売買をやっている方には大切になってきます。

しかし、投資信託や個別株式と長期投資をやっている人にとっては、この程度の変動は小さなものです。どっしりと構えて堂々としていたいところです。

私は、最近トレードに力を入れる気がなくなってしまったのでアセットアロケーションを組んで投資信託の長期投資をすることにはまっています。これで十分ですよ。
posted by 投資信託の活用法 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(2) | 投資信託

2008年02月27日

ベトナムの投資信託

投資信託の中でも過去に多くの利益を出しているものの1つに新興国の投資信託があります。

今までだったら中国株ファンドやインド株ファンドがあります。
特にBRICsといわれる、ブラジル、ロシア、インド、中国は今まで注目されてきました。

しかし、少し前からVISTAと言われる、ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンといった国々の頭文字をとった言葉が注目されてきました。

ベトナム株の投資信託は私の知人も立ち上げに関わっていたことがあり、それは比較的小規模なファンドでした。

なかなかベトナム株の情報を個人で手に入れることは難しいのでファンドによる運用をしていくのが一般的なベトナム株への投資としては妥当なところでしょう。

では、ベトナム株への投資としてはどんな投資信託があるのでしょうか?

1つは、ベトナム株に限定しないVISTAの国々すべてに投資をする新興国ファンドなどがあります。また、ベトナム株単独に投資をする投資信託もあります。

・アイザワ証券のフェイム−アイザワ トラスト ベトナムファンド
・ユナイテッドワールド証券のベトナム民営化ファンド投資事業匿名組合
・キャピタル・パートナーズ証券によるベトナム・ドラゴン・ファンド(VDF)
・グローバルリンクインベストメント株式会社によるベトナム株ノーロードファンド

などなど色々あります。興味のある方は各証券会社に問い合わせたり、ホームページなどで確認してみると良いでしょう。
posted by 投資信託の活用法 at 10:27| Comment(1) | TrackBack(12) | 投資信託

2008年02月21日

投資信託と手数料

投資信託を活用するなら手数料のことはよく考えないといけない。
投資信託を保有するにあたっての経費は、販売手数料と信託報酬がある。

販売手数料は、その名のとおり売買するときにかかる手数料である。これはノーロードといって一切手数料がかからないものから3%以上かかるものまでさまざまだ。

3%手数料がかかるということは、買った時点ですぐに売っても3%損をするということ。それ以上の物凄いリターンを得られないのであれば、そういったファンドを買うことは得策とは言えない。

もっとひどいのは、ほとんど同じファンドなのにある証券会社ではノーロード、すなわち手数料が無料なのに別の証券会社では手数料をとられたりする。

これは、どちらを選ぶかによって後々のパフォーマンスは全然違ってくる。同様に信託報酬も似たようなファンドでも違うことがある。

信託報酬は運用によって得られた利益から差し引かれますので、表には出てきにくい数値ですが、運用益を大きく左右する要素の1つですので投資信託を選ぶ際には注目しておきましょう。

新興国を対象にしたファンド(今までで言ったら中国株やインド株ファンドなど)は基本的に手数料や信託報酬が高くなっているはずです。

もちろん、それだけのリターンを得られている実績があるものも多いですが投資信託の保有コストについては今後も注目するようにしましょう。
posted by 投資信託の活用法 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年02月15日

500万円を投資信託で運用するなら?

500万円を投資信託で運用するとしたら
どのように買って、メンテナンスをしていけば良いでしょうか?

その答えは・・・
続きを読む
posted by 投資信託の活用法 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年02月14日

郵便局で買える投資信託

郵便局では投資信託の販売を2005年10月3日から開始しました。

郵便局
は本来郵便貯金(ゆうちょ)であったり、簡易保険であったりと、積極的な資産運用はしていませんでした。

郵便局にお金を預けていれば安全。元本保証なのでお金が減ることはない。そう思う人が多かったであろう中リスクマネーである投資信託を郵便局で扱うことになったのは時代の流れですね。

ゆうちょ銀行のホームページを見てみると次のような投資信託が販売されているようです。

株式に投資する投資信託

日興五大陸株式ファンド

住信日本株式SRIファンド

大和ストックインデックス225ファンド

GS日本株式インデックス・プラス

野村世界6資産分散投信(安定コース/分配コース/成長コース)

野村資産設計ファンド(愛称:未来時計)

フィデリティ・日本配当成長株投信

債券に投資する投資信託

日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)

野村世界6資産分散投信(安定コース/分配コース/成長コース)

野村資産設計ファンド(愛称:未来時計)

益も期待できるため、株式と債券の中間の性格を有していると言われています。

リート(REIT)に投資する投資信託

DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)

野村世界6資産分散投信(安定コース/分配コース/成長コース)

野村資産設計ファンド(愛称:未来時計)

郵便局の投資信託は販売手数料が高いものが多い気がします。
インディックスファンドであれば民間の投資信託でノーロード(手数料無料)の投資信託もあります。

また、信託報酬としても手数料が運用益の中から引かれることになります。

こういった細かい数字まで目論見書などを見てよく比較して、どの投資信託が有利なのかを判別するべきかと思います。

ほんの0.1%の手数料の差でも長期投資を考えると大きな差になって将来に影響します。
posted by 投資信託の活用法 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年02月13日

投資信託の確定申告は?

確定申告の時期が近づいていますね。
確定申告が必要な方は頭を悩ませる時期かもしれませんね。

そういう私も、去年からフリーになって確定申告をしないといけないので人事ではありません^^;

さて、投資信託を運用している人は確定申告は必要なのでしょうか?

FXで脱税をしてつかまった人もいるくらいですので、税金を納めないで後になって捕まってしまったり罰金をとられるのは嫌ですもんね・・・


続きを読む
posted by 投資信託の活用法 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年02月12日

暴落した相場と投資信託

今年に入ってからかなり相場が暴落していますが
投資をしている方は痛い目に合っている方も多いことでしょう。

投資信託を効果的に分散してポートフォリオを作っていても
ある程度の損失はあるのではと思います。

それはそれでよいのです。

続きを読む
posted by 投資信託の活用法 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2008年01月21日

投資の仲間と新年会

昨日は投資の仲間と新年会に行ってきました。
投資の仲間というのは、前回も紹介したマネーセンスの仲間です。

投資信託を使った投資がこれほど効果的だということを
改めて僕に確認させてくれた素晴らしい投資教育を行っている団体だと思います。

新年会の詳細を知りたい方は続きを読む
posted by 投資信託の活用法 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2007年11月14日

投資信託個人的ランキング

投資信託にも色々あるが、個人的に良さそうだと思う投資信託をランキングにしたい。

これは、個人の独断と偏見に勝手に作ったランキングなので投資はご自身の判断でお願いします。投資方法によっては投資信託はリスクが大きくなる可能性のある商品です。

ランキング1位 さわかみ投信

個人的に、前の記事でも紹介しましたがさわかみ投信はよいと思います。さわかみ投信は日本株を中心に投資をしていくファンドです。

アクティブな日本株を対象にした投資信託で、これ以上のものはないのではと思います。

長い目で資産運用を考えるのであれば心強い投資対象だと思います。

ランキング2位 トヨタアセット・バンガード 海外株式ファンド

アメリカで運用・販売されているバンガード社の4つのインデックスファンドを通じて、世界中の株式に投資するファンドです。

これを1位にしてもいいかも・・・というくらい個人的には重視しているファンドです。

手数料がかからないノーロードのファンドというのも魅力だし、全世界にまんべんなく投資できるというのもよいです。

ランキング3位 ニッセイコモディティファンド

ちょっとマニアックな商品ファンドです。世界のコモディティ市況の動きを概ね捉える投資成果を目指します。

原油が値上がりしていますが、原油をはじめとした様々な商品の値段のインディックスに連動するファンドです。

商品先物に投資をするのはちょっと怖いですが、ファンドなら安心ですね。多少はリスクがあるものの、分散投資とドルコスト平均による時間分散でリスクをコントロールしましょう。

あとは、外貨への投資や新興国のファンドへの投資もしたいですがメインとなる3つのファンドを併用するだけでも、かなりいい感じだと思います。以上、投資信託ランキングの紹介でした。
posted by 投資信託の活用法 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託

2007年10月26日

投資信託の本当の活用法

私は投資を始めて今年で7年目になる。
最初は株式投資から始めて、FX、中国株、投資信託といった複数の投資商品のトレードや運用をしてきた。

その中で、投資信託を使った資産運用に最近は特に興味を持っている。

そもそも、投資信託なんて大して儲かる訳がないだろうと思っていた。自分で株式のトレードをした方がずっとパフォーマンスがいいに決まっている。

プロのファンドマネージャーが運用したってたいした利益は出ないじゃないか。と思っていた。

投資信託なんて手数料ばかりかかって仕方ないだろうと・・・

しかし、そんな私が投資信託の有用性に気が付いたのは、ある本とある人との出合いだった。

あるファイナンシャルアドバイザーの方とお会いして、投資信託は初めての投資には最適なものだと聞いた。

そして、ドルコスト平均法と全世界に投資することで投資のリスクを大幅に下げることができると知った。

これは、少し専門的な話になるのでまたの機会に解説したい。

さらに私を投資信託の世界に興味を持たせたのはさわかみ投信の澤上篤人氏の書籍との出会いだった。

さわかみ投信(さわかみファンド)は日本株に投資をする投資信託であるが、澤上篤人氏の投資マインド・投資スタイルに共感して、この人にだったら自分のお金を任せても良いのではないか?

そう思って、さわかみ投信に毎月投資をすることにした。

しかし、さわかみ投信は日本株に投資をする投資信託には変わりないことである。

本当にリスク管理をするのであれば、日本だけではなく海外にも投資することが望ましい。

さらに、株式だけでなく債券に投資をすることが望ましい。
そこで出会ったのが、ある投資信託のセミナーであった。

そのセミナーで得たノウハウにより、今まで私が勉強してきた投資信託についての情報がすべてひとつなぎになって繋がった。

ドルコスト平均法と分散投資を活用すれば投資信託だけで億の資産を築くことも可能である。

そう確信した瞬間だった。そんな私の学んだ投資信託の知識、またこれから学ぶ知識と実践の結果をこのブログで多くの方とシェアしたい。

お時間のあるときに見ていただけましたら幸いです。
posted by 投資信託の活用法 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託
投資信託のことなら「投資信託入門ブログ 初心者でもできる投資信託の本当の活用法」におまかせあれ!