メールマガジンにて投資情報配信中! 日本一のメールマガジン配信スタンドの「まぐまぐ」にて約27000部と大人気の殿堂入りメルマガです。

メルマガ登録・解除 ID: 0000165001
1日3分!ラクラク余裕の投資術で副収入を得る方法!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2008年04月13日

知識ゼロからのお金持ち塾

知識ゼロからのお金持ち塾。
という本を知っていますか?

著者はさわかみファンド代表の澤上篤人さん。

私の知る限り、この本はもっとも投資について分かりやすく解説してある本だと思います。

誰でもこれからステキな「お金持ち」になれる。その気さえあれば。という帯に書かれている。たいそうな内容みたいですよね。

幸せとお金を呼び込む!というサブタイトルもついたこの本は投資信託に限らず、投資の基本を学ぶには良い本だと思います。

既に投資に取り組んでいる人には、あまりにも基本的すぎる内容かもしれない。でも、読み物としては楽しめるんじゃないかと思う。

株ってなあに?という株とは何かというところから始まり、株式投資のリスクや投資方法、投資マインドについて語られている。

しかし、さすがはさわかみ投信の澤上さん。
彼独自の理論が随所にこの本の中にちりばめられている。

一般的な投資の常識とは一見離れているところもあるかもしれない。彼の徹底した長期投資の理論、安いときに良い銘柄を仕込むという理念が感じられる。

投資初心者の人にとっては、こんなに簡単でいいの!?
と思えるくらいシンプルな内容であるが、私はこの本を投資をはじめる前に読めた人は幸せだと思う。

そして、もちろん100%本を信じるということはしなくてもいい。でも、内容のかなりの部分は信じてもいいと言いたい。
posted by 投資信託の活用法 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 本の紹介

2008年01月13日

自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア-2

今回も投資信託と大きく関連している書籍である「自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア-2」について取り上げたいと思います。

前回の記事を読んでいない方はこちらからお読みください。
⇒ 自動的に大金持ちになる方法

投資信託に投資をするといっても、今の日本で投資をするに値する投資信託はごく少数です。

どの投資信託に投資をするのか?ということは、このブログやほかの書籍やセミナーなどで学ぶべきでしょう。投資先を間違えると利益が出るどころか損失が膨らむばかりです。

さらに、住宅ローンをして持ち家を持って繰り上げ返済をして早く住宅ローンを返すことで自分の家を持つべき。という点に関しても疑問です。

日本においては、不動産を持つことの優位性を私は感じませんし、いつでも移動できるという賃貸ならではのメリットもありますので、日本で持ち家を持つことが必ずしも良いことだとは思いません。

頭金や住宅ローンとして支払うだけのお金を若い頃から投資に回していけば、中年〜老年期にかなり良い家を持つことは可能なのです。

もっとも、若い頃に結婚して家族生活を持ち家で過ごしたい。という価値観は私も理解できますし、それが間違っているとは思いません。

住宅についての考え方は、価値観しだいであるということを付け加えておきたいと思います。

自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア-
デヴィッド・バック 山内 あゆ子
白夜書房 (2004/07/09)
売り上げランキング: 122697
posted by 投資信託の活用法 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 本の紹介

2008年01月11日

自動的に大金持ちになる方法

あなたは「自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア- 」という本を知っていますか?

怪しいタイトルのこの本ですが
投資信託に興味があるのであれば1度は読んでおきたい本だと思います。

しかし、森永卓郎氏も「年収300万円の暮らしでも、さほどの努力や苦痛なしに資産形成をすることは、十分可能なのだ。」

と、絶賛の帯を書いているのだから驚きです。

日本の実情には合わないという意見もありますが
十分日本でも通用する考え方だと思います。

この本の主なところは
まず日々の生活を節約して
無駄な出費を抑えることからはじまります。

節約することのできる無駄な出費は、
本の中では「ラテ・マネー」と呼ばれていました。

私も思い起こしてみれば
ラテ・マネーを多く使っていた記憶があります。

誰もが考えてみれば
ラテ・マネーを使っていると思い当たることだと思います。

そして、節約をしたらそこで得られたお金を
福利効果が望める投資先に投資をすること。

これが投資信託などにあたるわけですが
そうすることで自動的にお金持ちになれるというわけです。

自動化しないと、どうしても少しずつ投資をしていく
という習慣をつけるのが難しいと思います。

毎月一定の額を投資していくことはドルコスト平均法になり
投資信託などの投資商品を個人投資家が最大限に活用できる方法の1つです。

シンプルですが確実に資産を構築して
裕福になれる方法だと思います。

しかも、この方法は仕事をして収入のある人なら
誰でもできることだと思います。

しかし、問題点もいくつかあります。
次回の記事で、オートマチックミリオネアの問題点について
述べていきたいと思います。

自動的に大金持ちになる方法-オートマチック・ミリオネア-
デヴィッド・バック 山内 あゆ子
白夜書房 (2004/07/09)
売り上げランキング: 122697
posted by 投資信託の活用法 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介

2008年01月09日

お金は銀行に預けるな

投資に関する本を私は多く読んできたが
その中でも、今まで読んで1番おすすめな本に出会うことができた。

それがこの本
「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」である。

「収入10倍アップ」シリーズとてベストセラーになっている
勝間和代さんによる著書である。

この本では投資初心者が取り組むべき手段として
投資信託、アセットアロケーションを組んで、全世界・為替への分散投資することなどをすすめている。

また、本のタイトルにもあるとおり
銀行にお金を貯金しておくだけではなく
個人が資産運用をしていかなければいけない時代だと強く主張している。

ここまで、資産運用について理論的にわかりやすく解説している書籍はないのではないかと思います。

すでに投資信託をはじめとした投資を始めている方でも、読んで損はないと思いますし、これから投資を始める方は是非読んで欲しい本です。

かなり売れているようですが、ベストセラーになるのもうなずけます。

多くの方は個別の株式投資やFX(外国為替証拠金取引)に取り組み、デイトレードなどを繰り返して短期間で大きな利益を得ようという方も多いと思います。

それには、私は賛成できません。

誰にでもできる再現性のある資産運用。
それが、アセットアロケーションを学ぶことだと思います。

アセットアロケーションを資本が少ない個人投資家でも簡単にできるのが投資信託の大きなメリットだと思います。

こういった本に早く出会って実践できた方は幸せだと思います。
アクティブなトレードをいきなり始めて痛い目にあうのは避けたいところです。

1度くらい痛い目にあった方が良いのかもしれませんが・・・

お金は銀行に預けるな   金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
勝間 和代
光文社 (2007/11/16)
売り上げランキング: 1

posted by 投資信託の活用法 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の紹介
投資信託のことなら「投資信託入門ブログ 初心者でもできる投資信託の本当の活用法」におまかせあれ!